PVアクセスランキング にほんブログ村

大国主大神とは(大国主神・大国主命・大己貴命・大物主神・八千矛神)

出雲大社のうさぎ 未分類

大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)…出雲大社に祭られている、縁結びで有名な神様。

優しくてモテモテの神様だニャ。

別名

  • 大穴牟遅神おおなむちのかみ大己貴命おおなむちのかみ…最初に呼ばれていた名前だと言われている。古事記では大穴牟遅神、日本書紀では大己貴命と記される。
  • 葦原醜男あしはらしこお葦原中津国あしはらのなかつくにを担う力を持つ色男という意味。須勢理毘売命すせりびめのみことと結婚したときに義理の父である素戔嗚尊すさのおのみことに呼ばれた名前。
  • 大国主大神おおくにぬしのおおかみ大国主神おおくにぬしのかみ大国主命おおくにぬしのみこと…大国を治める偉大な神いう意味で、素戔嗚尊すさのおのみことに賜った名前。国を作ったときの名前。
  • 顕国玉神うつしくにのたまのかみ宇都志国玉神うつしくにのたまのかみ顕国うつしくにとはこの世のこと。素戔嗚尊すさのおのみことに賜った名前。
  • 幽冥主宰大神かくりごとしろしめすおおかみ …大国主大神は死後の世界も統括しており、幽界・冥界を治める神という意味。
  • 大物主神おおものぬしのかみ…「偉大なるモノ(魔物や怨霊、精霊など畏怖の対象)の支配者の神」という意味。大物主神は大国主大神が国造りをする際に現れ、国造りに協力し、大国主大神の和魂にぎみたまとして、三輪山に祭られた。
  • 所造天下大神あめのしたつくらししおおかみ…「出雲国風土記」で記された大国主大神の呼称。
  • 八千矛神やちほこのかみ…武神としての名前。たくさんの武器(矛)を持つ神という意味。矛は「男性のシンボル」を指すとも言われている。越国(新潟県あたり)に住む沼河比売に求婚するときの名前。八十神(悪さをしていた多くの神)と弓矢や剣を持って戦い、人々が安心して暮らせる平和な国を築いた。スポーツ・武道・戦などの必勝の守護神。

このように、たくさんの名前(神徳)を持っている。

困難にも打ち勝ち、偉業を成し遂げた、すごい神様。成長するたびに名前が増えていった。名前がたくさんあるのは偉大な神の証だニャ。

家系

素戔嗚尊の6世孫である。

父親 天之冬衣神あめのふゆきぬのかみ

母親 刺国若比売さしくにわかひめ

正妻 須勢理毘売命すせりびめのみこと

妻 八上比売やがみひめ 子…木俣神きまたのかみ御井神みいのかみ

妻 多紀理毘売命たぎりびめのみこと 子…阿遅鉏高日子根神あじすきたかひこねのかみ迦毛大御神かものおおみかみ)、高比売命たかひめのみこと下光比売命したでるひめのみこと

妻 神屋楯比売命かむやたてひめのみこと 子…事代主神ことしろぬしのかみ

妻 鳥耳神とりみみのかみ 子…鳥鳴海神とりなるみのかみ

妻 沼河比売ぬなかわひめ 子…建御名方神たけみなかたのかみ御穂須須美命みほすすみのみこと

兄弟に嫉妬される色男

大国主大神おおくにぬしのおおかみの最初の名前は「大穴牟遅神おおなむちのかみ」。大穴牟遅神おおなむちのかみには、大勢の兄弟神がいた。

兄弟神はみな因幡いなば(現在の鳥取市周辺)に住む八上比売やがみひめに夢中になり、皆で因幡いなばへ求婚へ向かう。末っ子で立場の弱い大穴牟遅神おおなむちのかみは、荷物を背負って従者として同行。

その道中で傷だらけのウサギに出会い、適切な治療法を教え、ウサギを助けた。このことから大国主大神おおくにぬしのおおかみは「医療の神」とも言われている。このときのウサギは兎神であり、稲羽の素兎いなばのしろうさぎと呼ばれる。

出雲大社のうさぎ
出雲大社の白ウサギ(稲羽の白ウサギ伝説にちなんで)

このウサギが「八上比売やがみひめ大穴牟遅神おおなむちのかみの結婚」を予言。予言は的中し、八上比売やがみひめ大穴牟遅神おおなむちのかみを選び、妻になる。嫉妬し怒った兄弟神たちは大穴牟遅神おおなむちのかみを殺してしまう。

須勢理毘売命と出逢う、素戔嗚尊の試練

兄弟神に殺されてしまったが、母神の愛により生き返った大穴牟遅神おおなむちのかみ。また殺されてしまうのを恐れて、素戔嗚尊すさのおのみこと天照大神あまてらすのおおみかみの弟)の住む、根の堅州国ねのかたすくにに向かった。

高天原たかまのはら…天上…天照大神など神々が住む。
葦原中津国あしはらのなかつくに…地上…大国主大神が造った国。
根の堅州国ねのかたすくに…地下…素戔嗚尊が住む。死者が行く地下の世界、黄泉の国と同一視されることも。

そこで、素戔嗚尊すさのおのみことの娘、須勢理毘売命すせりびめのみことと出会い、2人は一目惚れし、すぐに結婚。父親である素戔嗚尊すさのおのみことに報告すると、「葦原中津国あしはらのなかつくにを担う力をもつ良い男」と言う意味で大穴牟遅神おおなむちのかみを「葦原醜男あしはらしこお」と呼んだ。

素戔嗚尊すさのおのみことは義理の息子である大穴牟遅神おおなむちのかみに、蛇のいる部屋で寝かせたり、ムカデや蜂のいる部屋に入れたりするなど、試練を与えた。妻である須勢理毘売命すせりびめのみことがこっそり対処法を教えて難を乗り越えた。

※素戔嗚尊が住む根の堅州国は、病気や害虫など罪や穢れ集まる。洞窟のような暗がり、汚れた場所。

大穴牟遅神おおなむちのかみ須勢理毘売命すせりびめのみこと素戔嗚尊すさのおのみことから逃げ出したが、途中で見つかり、気付いた素戔嗚尊すさのおのみことが逃げている2人に叫ぶ。「おまえは大国主大神おおくにぬしのおおかみ宇都志国玉神うつしくにのたまのかみとなって国を作り、須勢理毘売すせりびめを正妻として、出雲いずもの山に壮大な宮殿を建てるんだ!」

国造り、葦原中津国を造る

大国主大神おおくにぬしのおおかみ素戔嗚尊すさのおのみことが言った通り、少彦名命すくなひこなのみこと御諸山の上に坐すの神みもろやまのうえにいますのかみ(三輪山の上に鎮座する神、別名大物主神おおものぬしのかみ)と共に葦原中津国あしはらのなかつくにを完成させた。

大国主大神おおくにぬしのおおかみ葦原中津国あしはらのなかつくに大地主神おおとこぬしのかみ地主神じぬしのかみ、土地を守る神)だニャ。

葦原中津国…あし(イネ科の多年草)のたくさんの生えたところにある国という意味。

少彦名命すくなひこなのみことは一寸法師のモデルと言われている小さな神。農耕の神。医療や温泉、酒造りの発展に貢献。国造りの途中で突然、常世国に帰ってしまう。

大国主大神が嘆き悲しんでいると、御諸山の上に坐すの神みもろやまのうえにいますのかみが現れ、国造りに協力した。御諸山の上に坐すの神みもろやまのうえにいますのかみ大国主大神おおくにぬしのおおかみ和魂にぎみたまとして、三輪山に祭られた。

神は統合できるらしい…

多くの女神と結ばれる

国造りで領土を広げる中、各地で女神と結ばれる。

神話の中だけでも6人の女神と結婚し、子どもの数は、古事記では180人、日本書紀では181人と言われている。

国譲り、出雲大社を建てる

葦原中津国あしはらのなかつくには、天照大御神あまてらすのおおみかみの御子が治める国である。」この意向を大国主大神おおくにぬしのおおかみに伝えるため、天照大御神あまてらすのおおみかみ高天原たかまのはら(天上)から葦原中津国あしはらのなかつくに(地上)へ使者を遣わした。

大国主大神おおくにぬしのおおかみは「高天原たかまのはら(天)に届くほど高くそびえ立つ宮殿を建てて大国主大神おおくにぬしのおおかみを祭ること」を条件に、国を譲る。そして建てられた宮殿が島根の出雲大社である。

最初は兄弟神たちの荷物持ちだったのに、たくさんの困難を乗り越えて、ついには葦原中津国(地上)を造るという偉業を成し遂げた!すごい神様だニャ。

参考文献

参考文献 現代語古事記 竹田恒泰著 学研

今回紹介させていただいた大国主大神のエピソードは有名なもののほんの一部。小難しい古事記ですが、竹田氏の解説がとてもおもしろく分かりやすい。

ご利益

  • 厄除け、厄払い
  • 良縁祈願、夫婦和合、子授け
  • 医療、病気平癒
  • 五穀豊穣、酒造り
  • 産業開発、商売繁盛
  • 必勝

など、幅広い。

大国主大神がまつられている神社

  • 出雲大社(島根県出雲市)

岡山、広島のオススメ神社

  • 出雲大社福山分祠(広島県福山市)
  • 草戸稲荷神社(広島県福山市)
  • 御崎神社(岡山県総社市)

大国主大神が祭られている神社に行くと、側で寄り添ってくれているような優しさを感じるニャ。

タイトルとURLをコピーしました